アマチュアアスリートの為の食事サポート

インターバルトレーニング当日の夕食は鉄分補給を!②

こんにちは。
アスリートフードマイスターの川村千尋です。


2020、6、24(水)は、ランニングクラブRunfeetでインターバルトレーニングを行いました。
トレーニングメニューは
(300×5)×2のショートインターバル。
リカバリーが100mと短い為、300mを走り終えジョグで繋ぐと体がまだ回復しないうちにスタートとなるので、非常に負荷の高いトレーニングです。
呼吸は常にゼェハアと息切れしますし、本数を重ねる度に脚に疲労が溜まっていきます。
何とか10本をやり遂げましたが、それも一緒に励まし合いながら走った仲間が居たからこそ💕
一人では絶対走れません!いや、やりません!!笑笑
達成感も疲労感もピークになり、相当な頑張りだろうと勘違いしますが、実際消費したカロリーはご覧の通り!

ウオーミングアップアップのJOGを含めてもたったの277kcal。
負荷と強度は高いものの、消費カロリーは案外低いのね😭




ここで、ご褒美にと高カロリーの甘いケーキやお酒を飲んでしまうと、たちまちカロリーオーバーな上に失った栄養は補えない!
正しい食事と栄養を摂らないと、頑張ったトレーニングが無駄になってしまいます。
効果的なトレーニングをした日こそ、食トレーニングも充実させたいものです。



インターバルトレーニング後の夕食

本日の夕食は今が旬の「かつおのたたき」です。



ランナーに限らず、スポーツ選手は1日10mgの鉄分の摂取を心掛けてください。
特に鉄分やカルシウム等のミネラル分が汗で流失しやすい夏は貧血の症状が進みやすいので要注意。
かつおのたたき約180g(1人前でおおよそ6切れ)で
鉄分約2.5mgが摂取出来ます。
他にも、造血を助けるビタミンB群もとれます。もちろん、筋力アップに欠かせないたんぱく質も摂れるのでスポーツ選手にオススメです。
今が、旬なので栄養価&美味しさもアップしています。



かつおのたたきは大量の薬味を添えて鉄分の吸収率アップ!

カツオは生よりも少し炙ってたほうが臭みも和らいで美味しいですね。
さらに、お馴染みの青ジソや茗荷谷を添えればさらに臭みも消えます。
我が家はスライスしたビタミンCたっぷりのレモンを乗せて鉄分の吸収率をあげています。



鉄分補給の為の夕食メニュー


●かつおのたたき(鉄分、たんぱく質、カルシウム)
●ブロッコリー(葉酸)&トマトのバジルソース
●大根とオクラの味噌汁
●グレープフルーツ(クエン酸、疲労回復)
●ご飯(糖質、エネルギー補給)


そして・・・私は明日もインターバルトレーニング。今週は自主練を含め3回目・・・怪我しないように頑張ります・・・(´;ω;`)ウゥゥ


「今日のだんごちゃん」
カツオの臭いに鼻をクンクン。カツオをあげてみましたが、だんごちゃんは人間の食べ物は一切食べないお利口さん♡