アマチュアアスリートの為の食事サポート

先の見えない現在ですが…大きな夢を持つJr.アスリートは1歩1歩希望へ突き進んでます❗

こんにちは。
アスリートフードマイスターの川村千尋です。


2020年4月。
テレビを見ればどの番組もコロナ、コロナ…。
オリンピックを楽しみにしていた1月や2月の頃は、まさか世の中が目に見えない未知のウィルスに振り回されるなんて思ってもみませんでしたね。
ただ…暗いニュースが続く中でも、最近とても嬉しいご報告を頂いたのです。




2年前…
「将来はサッカー選手になりたい!」と強い意志や夢を持った女子中学生当時1年生Aちゃんに栄養指導を行いました。
そのAちゃんからこの春🌸、とある高校に女子サッカーの特待生として進学する!とご報告を頂きました。




サッカーの技術はあるものの貧血に悩むアスリートだった…

ご相談頂いた当初は貧血に悩んでいて、サッカーの試合中に息切れをしたり、スタミナ不足に悩んでました。
技術は充分なのに思うように走れない❗最後までピッチに立てない…😭



栄養指導は食の知識だけではなく、食生活スタイルの改善も!

ご本人とご両親にアドバイスしたことは?
●貧血を改善すると起こる体の変化
●なぜ貧血になるのか?
●貧血改善には鉄分はもちろん、たんぱく質、糖質等のエネルギー確保も必要なこと
●鉄分の吸収を高める食×食の組み合わせ
●毎日鉄分10mgを摂取するための食事内容
●負担なく調理する工夫





成長期のお子さま3人を育てるお母様。それまで食べ盛りの子供たちに大皿で料理を盛り付けてましたが、1人1人に盛り付けるようアドバイス致しました。
なぜなら、お子さんが何をどれだけ食べたか?一目でわかるからです。
大皿料理は、お皿の洗い物も少なくて済んでついついやりがちですけど、成長期は確実に栄養と量を摂取する必要があり、親としては子供が元気なのか?を知るバロメーターになります。



アスリートが貧血を予防・改善すると

●疲労回復が速い
●鉄分だけでなく、エネルギーやビタミン、たんぱく質、カルシウムの摂取も必要となるため、結果、栄養が過不足なくバランス良く摂れるようになる=理想のアスリート食に近づく
●スタミナ切れを起こしにくくなる
●内臓も大きくなる成長期には欠かせない

等、良いこともたくさん。
貧血改善・予防は競技や年齢・性別問わずスポーツに励む全ての方に当てはまる!とかんがえます。




新学期から親元を離れ、自分の夢に突き進むAちゃん。
寂しくないかな?ホームシックにならないかな?お母さんも心配だろうな…それにしても、15歳で旅立つ娘を見送るご両親は凄いな❗とつい、不安ばかりを思ってしまいましたが、きっと夢に向かって突き進むAちゃんなら大丈夫でしょう🎵
がんばれー!未来のなでしこJAPAN!!

今回の記事は対象者が未成年者の為、写真の一部を加工しました。ご了承ください。




「今日のだんごちゃん」
ボールペンでスリスリが大好き♡