アマチュアアスリートの為の食事サポート

Jr.アスリートの為の栄養セミナーを行いました。

こんにちは。

アスリートフードマイスターの川村千尋です。

9月17日(日)、東員イオン様にてJr.アスリートの為の栄養セミナー「勝てる身体をつくる」を行いました。

この日は、あいにく台風が列島を横断するかも知れない‼お客様くるかな~??と前日から心配してましたが、台風の速度が緩まり~、小雨模様。晴れ☀とまでは行かない中でも、たくさんのJr.アスリート、保護者がお越し下さいました。

お母様やスポーツを楽しむご本人はもちろん、「お孫さんの為に」と聞きに来てくれた方まで。

聞いて頂いた方のスポーツも様々。

サッカー、レスリング、野球etc…。

皆様、ホントに熱心です。

内容は…?

スポーツを楽しむJr.アスリートが1日に必要な主食、主菜、副菜、乳製品、果物をどれくらい?食べたら良いかを、具体的な数字や、ご自身の手を使った「手計り」に表現にしてお伝えしました。

 

補給食とおやつの違い

「ただいま~」と学校から帰ってきて、あと少しでトレーニングの時間。「お腹空いた」と言うけれど、「一体何をどれくらい食べさせたら良いの?」とお悩みをよく聞きます。

まずは、なぜ「補給食は必要か?」、「おやつとの違いは?」を説明させて頂きました。

 

次は、「トレーニング前後の補給食の必要性」

補給食とは、普段のトレーニングも万全な体調で挑む為の大事な「食事の1つ」です。

トレーニング後の補給はさらに重要で、疲れた身体を一刻も早く回復させ、さらに筋力アップをするための大事なお仕事です。

 

何をどのタイミングで食べるかによって、人によっては筋肉痛の度合いも違ってきます。

 

本日のセミナーでは、身近なスーパーやコンビニで直ぐに購入できる食品をご紹介させて頂きました。

技術やスタミナアップ等はトレーニングだけでは限界があります。

試合中に息切れしてしまったり、最後まで走り切れないのは、もしかしたら「食」に原因があるのかもしれません。

「食とトレーニングの関係性」については、まだまだ知られていないのが現状ですが、ご興味を示される方々は少しずつ増えてきてます。これからも、頑張るJr.アスリートの皆さん、サポートする保護者様のお役に立てるように頑張ります。

 

最後に、悪天候にも関わらずお越しくださいました皆様、東員イオン様、スタッフの皆様に感謝致します😌

 

 

関連記事
No articles