アマチュアアスリートの為の食事サポート

40代主婦ランナーが高地トレーニングに行ってみた❗~vol.2~合宿1日目150分時間走~

こんにちは。
アスリートフードマイスターの川村千尋です。


8月24(土)~8月25(日)まで「ランニングクラブRunfeetサマーキャンプin御嶽」へ、スタッフ兼ランナーとして参加して参りました。
今回のお話は、トレーニング内容や高地ならではの体調、合宿所周辺の環境や設備等を私個人の感想や実体験を交えながら、来年の合宿へ参加される方や私の備忘録として読んで下さると有難いです✨




合宿1日目の午後からトレーニングが始まります。
身体を準高地にならすために、ゆっくりペースの150分の時間走を行います。
トレーニングは、走力別にグループにわかれ1周約8㎞の開拓コースを2周、途中クロスカントリーのコースも取り入れながら150分(体の状態によっては120分)走り、スタート&ゴールでもある400mのブルートラックへ戻ってくるというもの。




スタート前の決意表明?



ブルートラックをスタートし、約3㎞位は緩やかな下りが続きますが、
後半は、終止登り坂!







このコースなかなかキツイ!
途中、水分補給しますが景色が綺麗なので自然に癒されます。







蕎麦畑

下っては登るコースを2周目に入ると、呼吸は苦しくなるし、脚への疲労が半端ない!重くて前に進むのもやっと。いつの間にか集団も、私の前に数人のグループ、私が一人の第2グループ、3つ目のグループが出来上がってました。




残り20分で120分に達するというとき
「150分走るか?」と聞かれる。
無理!明日の30kmに備えて120分で切り上げる事を宣言して私はブルートラックに1人向かいました。


思えば…遅れてでもみんなに付いていけば良かった…。
初めての合宿参加者も含めた先頭集団は、
明日のクロスカントリー走の下見へ向かいました。








私は、合宿3年目でクロスカントリーのコースは知ってましたし、私の後ろのグループもブルートラックへ来るだろうと思ってました。





しかし!!120分になるまでの残り時間をブルートラックでひたすらぐるぐる🌀走り続けても誰も来やしない!なぜ?😣どうして?




後から聞いた話ですが、
クロスカントリーでは、誰もが知っている青山学院大学のエースクラスが同じクロスカントリーを走ってたらしい!なーにー!!😱







ちゃっかり、青学生とトレーニングしているランニングクラブの会員さん。



羨まし過ぎる!!私も、青学生の小さなお顔と、長くて細い手足と、走りを🏃目の前で見たかった~😭




最終的にはランニングクラブの皆さんもブルートラックに到着し150m×5本の流しをして1日目のトレーニングは終了したのでした☺️





夜は皆さんと一緒にBBQです。
合宿所が用意してくださった牛肉、豚肉、鶏肉、ホタテ貝、イカ等







会員さん差し入れのシャインマスカット

を頂きながら、普段では聞けない会員さんのお話を聞きながら楽しく過ごしました☺️







部屋に戻ると24時間テレビのドラマに出演された青山学院大学の原監督が演技してる。
スタッフは、みんな「クロスカントリー場に居たね❤」って言ってたけど、わたくし見てないですから!!残念!!


明日は絶対拝見させて頂く!と決意して22時にはおやすみなさい💤


次回のお話は
私がメイントレーニングと位置付けていた
「30㎞のクロスカントリー走」。
過去2回の合宿では、途中離脱。
今年こそは完走したい❗出来るかな?

40代主婦ランナーが高地トレーニングに行ってみた❗~vol.3 クロスカントリー30㎞走完走?前半篇~


本日もご一読ありがとうございました☺️