アマチュアアスリートの為の食事サポート

40代主婦ランナーが高地トレーニングに行ってみた❗~vol.5 インターバルトレーニング400×10~

こんにちは!アスリートフードマイスターの川村千尋です。




8月24(土)~8月25(日)まで「ランニングクラブRunfeetサマーキャンプin御嶽」へ、スタッフ兼ランナーとして参加して参りました。
今回のお話は、トレーニング内容や高地ならではの体調、合宿所周辺の環境や設備等を私個人の感想や実体験を交えながら、来年の合宿へ参加される方や私の備忘録として読んで下さると有難いです✨




1泊2日の合宿もいよいよ最終トレーニング午後のインターバルトレーニング400×10(リカバリー200)を迎えます。


昼食を終えて15時から始まるトレーニングに備えて、各自休憩をしながら、少しでもリカバリーをします。




30㎞のクロスカントリーを午前に走りきった脚は疲労でいっぱいです。前日の120分の時間走と合わせると既に走行距離は50㎞を越えてます。


体は限界なんですがせっかく準高地まて来て、しかも家族に家の事をお願いしてまで来たのだから不完全燃焼で終わりたくはないです。
でも、わたくし、インターバルトレーニングが苦手なんです特に400mは特に苦手!出来るなら避けたいけど…




容赦なく走らされました~ww




設定タイムは平地よりも10秒以上も遅い110秒。それでも、息が直ぐに上がるし、酸素が入っていかない。酸素が体に回らないから、脚に疲労感が直ぐに来ます。
頭はクラクラするし、ぼっーとします。平地では味わえない疲労感。
途中から別メニューの会員さんが残り200メートルから合流してくると、





疲労感の中でも一緒に頑張ってるんだ❗と力が出てきます。
私も苦しいけと、みんな苦しいんだと思うと、へなちょこでは終われない。
いつも同じグループで走ってるAちゃんは、私よりも1つ上のグループで平地と同じタイム設定で走ってる。


Aちゃんは、私よりもインターバルが得意だけれども、それでも苦しくて少しグループから遅れた❗けれど根性で付いていくAちゃんに「がんばれ」と声を掛けたいけれど、息が上がりすぎて声がでない。それぐらい、呼吸がゼェハアゼェハア。


ラスト10本目はスピードを上げて‼️と言われ、早く終わらせたい私は何とか90秒台まで持っていけた!



ゴールラインを踏んだら安心して込み上げる感動の涙か?
ウッ!ちがう!お昼の冷やし中華食べすぎた~




苦手なインターバルトレーニングを頑張って良くやったね❤と誉められけど、
「私、Aちゃんよりも設定タイムを落としたし、Aちゃんはやっぱりすごい❗私にはあの根性はない!」と訴えると
「多分、Aちゃんと同じタイム設定だったら5本も走れんと思うよ笑笑」と、バッサリ‼️
良く分かってらっしゃる郁恵コーチ-W-W
私も無理だったと思うよ❗だってやっぱり、インターバル苦手だもん-W-W。
でも、来年はタイム設定を落とすことなく走りきりたいな❤️と思うのでした❗


最後にみんなで合宿終了の記念撮影

私なりに頑張ったご褒美なのか
最後の最後で青学生を拝見して念願は叶った✌✌





佐野コーチ、東コーチ、見事なペーサーを本当にありがとうございました。



郁恵コーチ、梅山コーチ、たくさん走らせて頂きありがとうございました。


次回のお話は
「スタッフの裏話」
合宿とは全く関係ない所で繰り広げられるスタッフ同士のあるバトル!
そして、謎のキャラクター「ジャイ恵」が現れたり、ある事件が起こったり。

40代主婦ランナーが高地トレーニングに行ってみた~vol.5 番外編~




本日もご一読ありがとうございました