アマチュアアスリートの為の食事サポート

熱中症対策のカギとなる暑熱順化を今から始めよう❗

こんにちは。
アスリートフードマイスターの川村千尋です。


晴れやかな万緑の中始まりましたGWですが、ずーと「Stay Home」が続いて家族がずっといるし、今年のGwは特別感を全く感じません。「今日って何日?」なんて事も。
それでもずっと家にいると参ってしまうので、人目を避けて短いジョギングや散歩で気分転換をしてます。
もちろん、マスク着用、三密を避けて。
私のマイコースは、三蜜どころか人に会う方が怖いくらい全く人通りが無い場所なんですが、新緑がきれいで木陰も多く空気が美味しい✨お気に入りの場所です↓




季節は爽やかでも5月の熱中症に注意


5月に入って急に気温が上昇しました。場所によってはまだ5月だというのに真夏日を記録したところもありました。こんなときこそ、熱中症に注意です。
まだ5月なのに!?なんて思うかも知れませんが、熱中症は例年5月から徐々に増え始め8月にピークを迎えます。そして、ピーク時に熱中症にならないためにも今のこの時期の5月の過ごし方が重要です。



真夏の熱中症を防ぐ暑熱順化を今から始めよう❗

暑熱順化(しょねつじゅんか)とは、体が暑さに慣れて熱ストレスに強くなることです。もっと簡単に言うと…
「人間の体は急には変われない。徐々に環境になれていくから、暑さの厳しい夏を耐えるためにも今から暑さに少しずつ慣れていこう(私の個人的な理解です)」と言うこと。


熱中症予防のための暑熱順化は、本格的に暑くなる数週間前から行うとスムーズにいきます。そう!始めるならGWの今からがちょうど良い時期です。



熱中症予防のカギとなる暑熱順化への道

暑熱順化のためには
「局所的ではなく、全身に汗をかく活動」が必要です。
そのためには
●やや暑い所で。ただし、25度を越えない気温
●ややきつめの運動(心拍110~120)
●1日20分~1時間程度、週に3回程度

が理想とされています。




運動を始めてから早い人では2~3週間、長くかかる人でも1ヶ月くらいで暑熱順化が進みます。



暑熱順化が完了したときに体に表れるサインはコレ!

順調に暑熱順化が進むと
●汗が出やすくなる
●汗の量が増える
●ベタベタ汗がさらさら汗になる

等の変化が表れますので、順調に行けば本格的な暑い夏がくるまえに暑熱順化完了となります。


ただし、小さいお子さまは発汗機能が未熟な為暑熱順化しにくかったり、ご年配の方は体内の水分量が年齢と共に少なくなり汗をかきにくいため暑熱順化に時間がかかります。



「Stay Home」でも家でできる暑熱順化対策

暑熱順化を順調に進めるためには、汗をかく運動が必要なのですが、「Stay Home」が言われてる中で外で運動を堂々と行うのは躊躇する方もいらっしゃると思います。
そんなときは、自宅前で縄跳びをしたり、ガーデニングはいかがでしょうか?
さらに嬉しい事に暑熱順化には「入浴」も効果的です。1日の疲れをとるためにぬるめのお風呂に湯船にしっかり浸かって全身に汗をかくことも効果があるみたいです。
お気に入りの入浴剤を入れて、あえて昼間に入るお風呂もなんだかプチ贅沢で今しか出来ない事みたいで楽しそうです。


暑熱順化対策の前後は水分補給をお忘れなく❗
ご一読ありがとうございました。


参考資料
●栄養と料理 2020年5月号 発行女子栄養大学出版部





「きょうのだんごちゃん」
30分程元気に遊んでいたのに、突然電池切れww眠り始めましたww目が・・・