アマチュアアスリートの為の食事サポート

40代主婦ランナーが高地トレーニングに行ってみた❗~vol.4クロスカントリー30㎞走破?後編~

こんにちは。
アスリートフードマイスターの川村千尋です。

8月24(土)~8月25(日)まで「ランニングクラブRunfeetサマーキャンプin御嶽」へ、スタッフ兼ランナーとして参加して参りました。
今回のお話は、トレーニング内容や高地ならではの体調、合宿所周辺の環境や設備等を私個人の感想や実体験を交えながら、来年の合宿へ参加される方や私の備忘録として読んで下さると有難いです✨




朝食を食べ過ぎて、お腹いっぱいな体に不安になりながらも合宿2日目午前のクロスカントリー走30㎞はスタート!
1周1.5㎞×20周!
始めに指示されたタイムは1㎞6分のグループ。
いやいやいや!無理だし!
確実に30㎞を走破したい私は、東紀子コーチが先導して下さる6″30のグループで走ることにしました。




案の定、走り始めは朝食が消化されず食べ過ぎた事を後悔😥
「走る前の3時間前には食べ終わりましょう❗」って、いつもアドバイスしてるくせに❗自分が一番甘い😁




クロスカントリーコースはスタート直後に10メートル程の緩やかな坂を登り下ります。





200メートル位平坦な道を走るとこのコース最大の傾斜を30メートル程上ります。最大の傾斜と言っても、最初の1、2周は足取りも軽いから楽勝だなと感じるのですが、さすがに20回もこの坂を登るとなると、じわりじわり脚が重くなります。




日陰の涼しい森のなかを気持ち良く走ること1㎞を走ると(ここは、少しアップダウンありますが、比較的走りやすく後々癒しスポットとなります。)



太陽が眩しい日陰の全くない土のトラックを走ります。





走り始め6㎞位まではまだ体も暖まってなくて脚も重い。それよりも、食べ過ぎの自分の体が重い😭


土のトラックのある一部では、獣臭が漂って(どうやら獣トイレ🚽スポットらしく)、私の朝食が出て来そう。
しかも❗何故か獣臭のスポットで息を吸ってしまう私😱


10㎞を過ぎてようやく消化されてきた~👍
15㎞過ぎ、まだまだ脚は動く!呼吸も楽だ。
だが…勝負はここから。
第1回目、第2回目のクロスカントリーは、どちらも20㎞過ぎてから突然脚の疲労感がやって来て、断念している。要は20㎞過ぎなんです。


15~20㎞までは、快調なのでスピードを上げたくなるんですが、東コーチがペーサーとなりオーバーペースになりそうになるのを押さえくれます。




東コーチのペースは、±2秒以内。ほぼ、設定タイムで私達を導いてくれます。
走りながら思う。
「ただのどこにでもいる40代の主婦ランナーの私の隣で国際ランナーが先導してくれてる😍ホントにありがたい✨これは絶対走破しなくては!!」
気がつくと、自分の時計をあまり見てなかった。それぐらい、心地よいペースで先導してくれるんです。
しかも、「登りが得意な人、下りが得意な人がいるので坂は自分のペースで走って下さい」なんてありがたい言葉もランナーに声かけしてくれます。


いよいよ、不調がでてくる20㎞過ぎ。
来た!やっぱり来た!
突然重くなる両足。フルマラソンの35㎞過ぎの疲労感がクロスカントリーでは、20㎞で表れてくる。
しかも、お腹がポコポコ鳴り始める。
準高地ならではの現象なのてしょうか?🚽に行きたくなるんです。でも、トイレはクロスカントリー場から離れた場所にある。そして…獣トイレ🚽スポットが羨ましくなるんです。


お腹ポコポコ状態でも、決意は変わらず残り5周目からはあと◯周とカウントダウンも始まり、東コーチとZARDの「負けないで」を口ずさむ。


24時間テレビでは、タレントさんも走ってるけど私も走ってる❗目指す目標はどちらも完走!きっと、東京の沿道ではタレントさんのファンが応援してるだろう…
私が期待していた青学生は…???
居なーい!けど、走らないと❗




合宿3年目にして初めてクロスカントリー30㎞を走破出来ました❗
先導してくれた東コーチのおかげ💕ありがとうございました。







汗まみれの私達は「シャワー浴びたい」と訴えた東コーチの言葉を無視して
「まずはリカバリー!食べましょう!」と、
合宿所のお昼ご飯を平らげました-W-W



野菜たっぷりの冷やし中華が火照った体の熱を取ってくれた!



次回のお話は、いよいよ最後のトレーニング
2日目午後からの400×10インターバルトレーニング


私がもっとも苦手なトレーニングの1つ。過去、同じトレーニングもグダグタで涙した経験が。
そして、念願の青学生とは会えるのか?



40代主婦ランナーが高地トレーニングに行ってみた❗~vol.5 インターバルトレーニング400×10~





クロスカントリー中の補給のお話はこちらから↓

準高地で30kmのクロスカントリーを走破するための補給ゼリー&補給タイミング




本日もご一読ありがとうございました。