アマチュアアスリートの為の食事サポート

メイン練習、クロスカントリーで獣のう○ちを羨ましく思う

こんにちは。
アスリートフードマイスターの川村千尋です。
8月18日~20日、ランニングクラブRunfeet Summer camp in御嶽にスタッフ兼ランナーとして同行しました。




今回のお話は合宿2日目。午後のクロスカントリーのお話です。
午前中に400Mインターバルを何とか走り終えた私は、午後のクロスカントリーでは挽回してやる!と意気込んでました。



お昼ごはんをしっかり食べて(本当は疲れて何にも食べたくなかったのですが、ここは無理やり)、体を休ませました。他の会員様も同様、午後2時からのトレーニング迄は時間に余裕があり、お昼寝をする方もいらっしゃいました。




いよいよトレーニング開始30分前。エネルギーゼリーの補給
普段、トレーニングで長い距離を走るときは、全く補給ゼリーは使用しないんです。ただ、クロスカントリーだけは何とか走破したい❗最低でも26㎞は走る❗と決めていたので。使ったゼリーはこちらです↓

最近、私の中でもオススメのATHRETUNEは、何といっても即効性&持久力の持続か特徴です。


東コーチがぺ-サーを勤めてくださって始まったクロスカントリー、私たちのグループは6分半ベースで走りました。
こちらのクロスカントリーは、林の中はアップダウンのあるコースで木々で覆われてヒンヤリ肌寒いくらいです。林を抜けるとぐるりと1周500メートル程の砂利道。一見、荒野❗😲みたいな所です。




午前中のインターバルトレーニングの疲れもあまり気になる事はなく、なんなら去年よりは脚も楽、呼吸も楽に走れていることを実感してました。
東コーチとおしゃべりしながら走れます✨




昨年は20㎞過ぎたくらいに突然やって来た疲労感。体が急に重たくなってやっとの思いでこなした26㎞でしたが、今年はこのまま30㎞迄行けるんじゃないか?と思い始めた22㎞過ぎ。突然やって来たお腹の急降下!!!( ;∀;)


「トイレ行きたい❗」とトイレを探したけど無い!
昨年までは、コース横にあった簡易トイレが今年はコースの遥か遠く!!!何故?あんなところに???


それでも、走り続けてふと気が付いた。クロスカントリーのある一定の場所だけが何となく獣臭がする。


よーくみると💩、どうやらこの場所は獣のトイレのようだ❗しかも、私達が走るコースを微妙に、でも上手に避けてある❗
人間のトイレは遠いのに獣トイレはここか!😣


さらに!周回を重ねるごとに、何故か増えてるじゃないか❗((+_+))
いつの間に❗だって、こんなに人間が何回もタイミングずれて大勢走ってきてるのに。


脚も呼吸も元気で余裕で30㎞走れそうなのに、私のお腹はぐるぐる🌀キュルキュル(;’∀’)。これも、高地だからなのか?
結局、26㎞で走り終えてトイレへダッシュ🏃💨しました。午前中のインターバルよりも相当速く走った❗

クロスカントリー走行中、獣のトイレが羨ましかった😢
私もお猿さんになりたかったな…😣

今回の教え。
「胃腸の調子は走りに影響する。自ら実証しました❗」

みなさん、お気をつけ下さい。
本日もご一読ありがとうございました(お食事中の方、大変失礼いたしました。)