アマチュアアスリートの為の食事サポート

30㎞走の為にカフェイン抜き4日目

こんにちは。
アスリートフードマイスターの川村千尋です。


2月20日に30㎞の距離走を行うため、ただいま絶賛カフェイン抜き中で大好きなコーヒー断ちをしております。その理由は
1、前回の30㎞走の後半でカフェインINゼリー(カフェイン40mg配合)を使用してみたがあまり効果を感じなかったこと。
2、前回の30㎞走の時もカフェイン抜きの為に3日間コーヒー断ちをしてみたが、私の場合3日ではどうやら抜けきらず…。今回は1週間前から抜くことにした。

私に限らず、ランナーにはコーヒー好きが多いなと感じます。実際、私の所属するランニングクラブにも多くのコーヒー好きなランナーが沢山いらっしゃいます。
最近、補給ゼリーにカフェインINが増えてきたように感じますが、カフェインにはどんなメリットやデメリットがあるのか少しご紹介します。

カフェインのメリット

●眠気覚まし等の覚醒効果
●体の血流を促す血管拡張作用
●利尿作用
●自律神経の働きを高めるリラックス効果
●倦怠感を取り去る疲労回復効果


カフェインのデメリット

カフェインが体に及ぼす影響には個人差が大きいため国内では1日の摂取量は決められていないようです。ただし、ヨーロッパの公的機関の研究では、カフェインの1日の最大摂取量は400mg以下、一度の摂取量は200mg以下にするのが望ましいそうです。カフェインの摂りすぎは
●めまい
●吐き気
●下痢

等の副作用が出る可能性があります。そういえば、高校生の時、大人ぶってブラックコーヒーを飲んだら気持ち悪くなった経験が…。


抽出量や方法にもよりますが、コーヒーには100mlあたり50~60mgのカフェインが含まれます。
なんとなくインスタントコーヒーよりも豆から煎れたドリップコーヒーの方がカフェインが強い気がしますが、その差はあまり変わらないようです。

カフェインが入っているものはコーヒーだけじゃない

カフェインというとコーヒーを思い浮かべますが、紅茶、緑茶、玉露、チョコレート、ココア、コーラ、医薬品やガム、エナジードリンクにも含まれます。
私は大のコーヒー好きで起床後すぐにコーヒーから始まり、1日5~6杯ほど飲みます。
補給ゼリーに含まれるカフェインの量は、約40mg前後のものが一般的で
中には、100mg、200mgのものもあります。
その中の1つメイタンのカフェインIN200mgをハーフマラソンの17㎞地点で使用したときにはさすがに気分がシャキッとして、覚醒した!!という感じを今でも覚えています。



今回、どの補給ゼリーを使用するかはまだ未定ですが…。

カフェインには、利尿作用と一時的な過剰摂取による副作用が怖いのでカフェインINゼリーは、30km走の終盤・・・残り5kmくらいで使用する予定です。

カフェイン抜き4日目で感じた体の変化

カフェイン抜きをすると言っても急にコーヒーを止めるのはとても無理だし、しんどいし、「ああ!コーヒー飲みたい!!」禁断症状によってストレス溜めるのも嫌なので現段階でカフェインレスコーヒーで我慢してます。



紅茶派はこちらがあります



緑茶派はこちら



1日目はさすがにコーヒーを飲んだ気になれませんでしたが、体って慣れてきますね。4日目になるとカフェインレスコーヒーで満足できるようになりました。さらに、何となく寝つきが良いような気がします。元々寝付きは悪い方でしたが、カフェイン抜きを始めてから、21時前に眠くなってきます。これもカフェイン抜き効果なのかは定かではありませんが、夜はぐっすり眠れます。
1週間のカフェイン抜きの効果と補給ぜリーはまたブログでお知らせします。
本日もご一読ありがとうございました。


「今日のだんごちゃん」
キャットタワーで凄い寝相で寝てましたwww