アマチュアアスリートの為の食事サポート

明日はランナーの為の栄養セミナー

こんにちは。
アスリートフードマイスターの川村千尋です。




ランニングクラブRumfeetで毎月3回のランナーの為の栄養セミナーを行っています。


緊急事態宣言が発令されてお休みを頂いていたので明日のセミナーは2ヶ月ぶりのセミナー開催です。只今、資料の最終チェック中!皆さんに会えるのも楽しみです。


用意した資料の数は約60部!!






今月の栄養セミナーのテーマは走力UP!貧血対策



毎月変わるセミナーのテーマは、ランナーにとってその時に気をつけて欲しい体調や症状を栄養で補ってと願って決めています。
今月のテーマは夏に症状が進行しやすい貧血の予防と改善を目的にしました。


摂りたい栄養素はわかっているけど、何からどれくらい摂取したらいいの?を解決します。
貧血=鉄分補給は皆さん理解されているものの、では何から?どれくらい?となると答えに困ると思います。
実は皆さんが知りたい所はそこなんですよね。
「鉄分をとりなさい」とざっくり言われても直ぐには思い付かない。なので…
●◯◯から1日○g
●鉄分の吸収を高める調理の仕方や食材の組み合わせ
●何の料理から?
●貧血の原因・予防・改善策

等々、その日から直ぐに実行できる対策をお伝えします。



実は昨年夏、私も貧血になりかけた

私自身もランナーの1人ですが、実は昨年の夏の血液検査で危うく貧血になりそうになりました。
2019年4月に血液検査を行ったら私のヘモグロビンの値は12.6g/dlだったのですが、夏を過ぎ同年9月に再検査したところ、なんと!11.8g/dlまで落ちてました❗
たった、半年もしないうちにここまで数値が下がるとは!しかも、自覚症状もなければ、相当食事に気を付けていたのに。
その後、半年かけて2020年3月に元の数値まであげることが出来ました。
セミナーでは、
●貧血になった原因
●数値をあげるために行ったこと

等の実体験をお伝えします。
アスリートフードマイスターなのに数値が落ちたことにショックを受けましたが、私の経験を反面教師にしてランナーの皆さんには気をつけて欲しいと願ってます。
ランナー兼アスリートフードマイスターだからこその視点でお伝え出来たら幸いです。


6月20日ランニングクラブRunfeetのトレーニングはインターバルトレーニング走。強度が高く足裏の衝撃が赤血球を壊し貧血の一因となります。
貧血予防の対策として、前日~食材で鉄分の多い食事を心がけましょう。
ちなみに・・・昨日の私の夕食です。



●あさりの味噌汁(今が旬。旨味も鉄分も高い、汁ごと栄養も摂れる)
●具たくさんチーズオムレツ(卵にも鉄分)
●海老とブロッコリーとアボカドのバジルソース(鉄分の吸収を促すビタミン、葉酸が豊富なブロッコリー)

サブ3.5を目指すある女性ランナーの言葉

先日、嬉しいお言葉を頂きました。
「セミナーを受けて、食事に気を付けるようになってから本当に怪我をしなくなった。栄養って大事ですね」
なんとも嬉しいお言葉がこれからの励みになります。




「今日のだんごちゃん」

標的を狙う目線の先にいるのは・・・私・・この後猫パンチをもらいました(´;ω;`)ウゥゥ